愛犬、愛猫、その他なんでも可愛いペットたち

可愛いペットたち。飼い主の声やみんなのペット大集合!と思ってる?のエピソードを集めました。これからペットを飼おうという方の参考になればと思います。

ジャンガリアンハムスター

子供の友達が引っ越すことになり、寂しがっていたので前から飼いたかったジャンガリアンハムスターを飼うことになりました。最初は犬が好きなので、正直ハムスターは物足りないと思っていたし、小さい割に手がかかるのでお世話に慣れるのが大変でした。でも、少しずつハムスターもなついてきて、手からエサのひまわりの種などを食べてくれたりして可愛くてたまりません。あどけない表情で立ち上がってこちらを見てきたり、お腹を丸出しにして無防備に寝てる姿が愛らしいです。ハムスターを飼って良かったです。小さな命があるだけで、毎日心がぽっと温かくなります。

現在のペットはハムスターです。

過去に犬、猫、熱帯魚等を飼ったことがありますが、現在のペットはハムスターです。 私の家はベランダが広いので暖かい時期はベランダにゲージを置いています。 ベランダは奥行きがあり、台風の日でも雨が室内まで入り込まない造りになってたのですが、 台風の日にうっかりゲージを外に置いたまま仕事に出たのを思い出し、さすがに心配になり早退して戻りました。 無事だったんですけどね(笑)

物心ついた頃から家には必ず、ペットがいました。

うさぎ、犬、猫、ハムスター、熱帯魚、亀、十姉妹…どんな動物も個性や特徴、性格などがあって、「生きているんだ」と実感すると、もともと興味のなかった動物でも愛らしくなりました。 大人になり一人暮らしを始めて、最初に一緒に暮らし始めたのは、友人宅で産まれた、白猫の女の子です。 もともと猫が一番自分の性格に合う動物だったのですが、その白猫は、親バカであることを差し引いてもとても美しいオッドアイの長くてまっすぐなしっぽを持った子でした。 猫の魅力は、とにかく、自由気まま、俺様主義に見えて、実は飼い主への思い遣りや共感力がとても強い生き物だということです。 その子は、私がとても落ち込んで今にも泣きそうなときは必ず気づけば隣にずっと寄り添っていましたし、カリカリしていて忙しいときには、遠くから観察して、私が落ち着くまで放置してくれました。 まるで私の心を読んでいるのではないかと思うくらいです。 猫はとても不思議な生き物です。それから、とてもチャーミングで気品のある生き物です。 ことばや、必要以上のスキンシップがなくとも、分かり合える、支えてくれる、そんな生き物です。 長らく一緒に暮らした白猫は、先日病気で虹の空へ旅立ってしまいましたが、今でも、間抜けな私を、キャットタワーの上から、「何やってるのー?」と、観察されているような気持ちになります。

金魚好きになってしまって

子供が小学生のころに、金魚好きになってしまって、お祭りのたびに金魚釣りをしていました。 でもお祭りの金魚はすぐに死んでしまうことが多かったですが、 もう9年もペットとして飼っています。 子供も成人しても、金魚も大きくなってびっくりしています。 でも成人してからは、まったく金魚の世話もしなくなった息子です。同居する旦那の母がすっかり金魚の世話をしてくれています。私は実は金魚が苦手なので、さわれないのでした。

自宅で犬を飼っています。

知り合いにもらった雑種犬です。飼い始めた事で毎日外へ出るようになりました。犬を飼うまでは、平日に外に出ない日がありました。洗濯物を干す以外に、外に出ないのです。 でも犬を飼って、毎日朝晩の散歩に行くようになったのです。私の運動不足も解消されて、とても健康的になったのです。体全身もスッキリと引き締まってきたのです。気になる便秘も解消されてきました。 ペットを飼った事で、生活も一変したのです。いいように一変しました。

私が今飼っている子は白猫のめいちゃん(メス)です。

この子は生まれてからすぐに悪意のある人の手によって足先を少し切断されたせいで、少々足を引きずりながら歩くのですが、飼い始めてしばらくは大人しかったものの、甘やかしてしまったせいか遊んで欲しい時にはおもちゃを持ってきたり、淋しくなったら夜中でも甘えながら起こしにくるというワガママっぷりですが、今までのペットは自分の方からこうして欲しいと訴えてくることがない子ばかりだったので、怒りながらもついついかまってしまいます。 最近では子供の頃から触られることに慣れているせいか、頭にひざかけを巻いて写真を撮るというのが我が家のMyブームになっています。 猫は耳がないと全く違う生物に見えてくるので不思議です・・・

ここ、めっちゃ参考になりました!⇒Yahoo!ペット

トイ・プードルを飼っています。

子供たちが大きくなり、もう子供たちには幼児言葉は使っていませんが、犬に関しては、ついつい赤ちゃんもしくは子供のように接してしまいます。それでも、悪い事をした場合は、ピシッと叱ります。たまに、勢いよく叱ろうとする時に、犬に対して、子供の名前を間違えて呼んでしまう時があり、せっかくきつく叱ろうと思っても、拍子抜けして私が笑ってしまう事もあります。犬が、グルーミングで数時間家にいない時は、家族の一員が欠けているので、とても寂しく感じます。

私はトイプードルを飼ってます。

朝夕は散歩に行くので、生活が規則正しくなったし、何処かに出掛けても、待ってる子がいると思うと帰るのが楽しくなりました。 しかも、帰った時の喜びようが可愛くてたまりません。 うちのトイプードルは、大きな音が苦手なので、花火大会の日は花火が上がってる間、ずっとダッコをせがみにきます。 重たいけど、ついついダッコしてしまいます。 嫌な事があっても、いつも側に来て甘えてくると、何だか気持ちが落ち着いて、慰めてもらってます。

我が家ではミドリガメを二匹ペットとして飼っています。

息子が庭で亀が歩いているところを見つけて、捕まえてきました。最初は飼うことに反対だったのですが、息子の教育も兼ねて飼うことにしました。 初めは毎日一生懸命世話をしていた息子ですが、徐々にしなくなっていき、今では私が世話をしています。昨年の夏には、うっかりして一日で水槽の水がすべて蒸発してしまうなどのハプニングもありましたが、元気に大きくなっているように思います。 子供たちは学校に行って昼間は家に私一人ですが、亀を飼いはじめてから、亀になんとなく話しかけるようになってしまいました。たかだか亀ですが、家にいるとよいものです。

犬を飼っています。

私が小学生だった時に、兄の友達の家で飼っていた犬に子供が生まれたので貰い受けました。 我が家の犬は、そこそこの大きさがあり、寂しがり屋でよく吠えるので、何処かに預けることもできません。家族での旅行は日帰りで行って帰って来れる範囲でしか出来なくなりました。勿論、普段から私たち家族の起床や食事時間など、ある程度は犬の生活リズムによって規制されています。 私が中学生の時には、よく親と激しい喧嘩をして家から閉め出されていたので、いつも犬小屋にお世話になっていました。最初の頃は、私に寄り添って慰めてくれていましたが、あまりにも頻繁に自分の居場所を奪われるので、そのうち迷惑そうな顔をするようになりました。それでも優しく受け入れてくれる犬は、私にとって兄弟のような存在です。

実家でトイプードルのシルバーを飼っています。

飼い始めてから、母親の気持ちが安定したと思います。 子供たちに向いていた興味がペットに向いたので、私自身も楽になりましたし、犬を飼ったおかげで家を出て一人暮らしを始められました。 また、動物大嫌いだった父親が、今では犬にメロメロです。 ひなちゃん(犬の名前)は自分を一番好きだと信じています。 膝に乗ると、1時間でも2時間でもなでてます。 よく聞く話ですが、まさか自分の父親がそうなるとは思いませんでした。

犬を飼っていました。

子犬のうちは何をするにしてもかわいかったので、頭を撫でていて犬が噛んだ時も怒ることはしませんでした。しかしその後犬が大きくなって噛み癖がついたのはいうまでもありません。 大きくなってからは毎回散歩の時にリードを引いて猛ダッシュするようになり、その度に引っ張られ走る羽目になったので自然と体力が付きました。太りやすい体質だったので犬の散歩がなかったら今頃は、と思ってしまう事があります。

ねこを、飼っています。

野良猫に子猫が産まれてしまったと、友達に言われ、2匹、引き取りました。オス、メス一匹ずつなんですが、オス猫が、やたら大きくなり、メス猫の、倍くらいあり、あまりの大きさに、メス猫(姉)の、後を追いかけて行くんですが、襖などの隙間が通れず、お腹が引っかかります。 一応、エサは、それぞれに与えているんですが、お姉ちゃんが残したエサを、綺麗に食べてくれていた様で、それでいて、ほとんど、ゴロゴロしているので、太る訳です。